SUPPORT支援策一覧

支援策について

京都スタートアップエコシステムの構成団体が提供している支援の一覧です。企業のステージに応じて様々な支援をご用意しております。

企業ステージ

01プレシード期
 (起業前)
新技術の活用・ビジネスモデルのアイデアを創出、それを具体化していく段階
02シード期
研究、製品開発、コアスキルの開発によりビジネスモデルの慨形が完成した段階
03アーリー期
製品開発及び初期のマーケティング、試作製造及び販売活動に向けた実証実験・社会実装の準備段階
04ミドル期
定期的な生産および出荷を開始、在庫または販売量が増加し始める段階
05レイター期
持続的なキャッシュ・フローで事業が安定、事業のコアスキルを多角化する段階

支援策一覧

スタートアップを検討されている方に向けた支援情報を目的別とステージ別にまとめました。(画像をクリックするとPDFをダウンロードいただけます。)

支援策一覧
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
人材育成京都起業塾
ビジネスモデルワークショップ
「チャレンジ」創業バリューアップサポート
Lunch & Learn Meeting
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
資金調達(出資・融資)制度融資「開業・経営承継支援資金」
京都市スタートアップ支援ファンド
京都市スタートアップ支援2号ファンド
中信ベンチャー・投資ファンド5号
イノベーションCファンド
MBC試作ファンド
栖峰投資ワークスファンド
京銀輝く未来応援ファンド
京大認定ファンド
京大icapファンド
Plug and Play Ventures
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
補助金等京都市ベンチャー企業等ステップアップ事業
三菱UFJ技術育成財団助成金
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
アクセラレーション・インキュベーションStartup Weekend Kyoto
KOINアクセラレーションプログラム
スタートアップベンチ
フェニクシーインキュベーションプログラム
miyako起業部@KRP
京大プレインキュベーション事業
KYOTO発起業家育成プログラム
MUFGデジタルアクセラレータ
Plug and Play Kyoto アクセラレータープログラム(ハードテック&ヘルス)
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
技術・開発支援Fabスペース(ものづくり試作コミュニティ)
Kyoto Makers Garageによる量産化試作支援
中小企業技術センターによる企業連携技術開発支援事業による開発支援
Clubけいはんな
研究開発資金(サポイン) 申請支援及びプロジェクト管理
京都市産業技術研究所による技術相談、試験・分析、共同研究等
スタートアップ設備貸与制度
メタコンフォート・ラボ
けいはんなロボット技術センター
京都試作ネットによるプロトタイピング支援
公道走行実証実験プラットフォーム(K-PEP)
中小企業技術センターによる公設試による試験機器の貸与
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
販路開拓京都市ベンチャー購買新商品認定制度
京都府チャレンジ・バイ制度
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
マッチング京都発 スター創生事業
京都ビッグデータ活用プラットフォーム
京商フューチャーセッション
京商イブニングピッチ
京銀・東証イノベーションミーティング
MUFGビジネスリンク商売繁盛
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
海外展開始動Next Innovator(起業家育成プログラム)
Kyoto Startup Summer School
Startup Capital Kyoto
ジャパン・ハッカソン
京都大学オープンイノベーション支援デスク
ハードウェアカップ
Keihanna Global Acceleration Program Plus (KGAP+)
JETRO Innovation Program
  支援策名 プレシード シード アーリー ミドル レイター
企業認定・大規模イベント等京都府元気印中小企業認定制度
QST認定ベンチャー制度
京都市ベンチャー企業目利き委員会
これからの1000年を紡ぐ企業認定
知恵創出"目の輝き" 企業認定
京信・地域の起業家アワード
Rise Up Festa
HVC KYOTO
オスカー認定制度
PAGE TOP